知を育てる、美しい道具。そろばん。

古代に発祥し、中国から日本に伝わって四世紀あまり。
「そろばん」は、日本の学校教育に
百年以上にわたり活用された、歴史ある道具です。
電力などのエネルギーを使わずに、
高度な計算が瞬時にできること。
指先や目の動きが脳の活性化につながること。
いまこそ見直したい最強の計算機を、
日本の木工技術で美しくユニークにリデザインしました。

How to calculate

上質な木の手触り、ユニークな形。新しいそろばんの楽しみ、5デザイン。

一見そろばんに見えないデザイン、
枠やケースのなめらかな手触りも、これまでにない魅力です。

Design Noriyuki Ebina

スライド 丸

slide round[SOR-SLIDER]

さらりとした手触りのケースに入った、ほどよいサイズ感のそろばんです。本体は軽く、長さもコンパクトにして扱いやすく仕上げました。

case H24×W242×D86
body H13×W232×D76

スライド 角

slide square[SOR-SLIDES]

木の美しいケースから、スムーズに引き出せるそろばん。本体は、いままでにない”ちょうどよい”サイズと軽いつくりで、扱いやすさを実現しました。

case H24×W242×D86
body H13×W232×D76

ラップトップ

laptop[SOR-LAPTOP]

上蓋を開けて使う、いままでにないタイプ。蓋はくるりと裏側に納められ、デスクのスペースをとりません。そのまま置いておいても美しいデザイン。

open H16×W242×D153
close H26×W242×D77

フォールド 丸

fold round[SOR-FOLDR]

折りたたみの角丸タイプ。鞄にも納まるサイズ、ぽってりしたフォルムと手触りのよさが特長です。ステッチの効いた革とのコンビネーションがおしゃれ。

open H20×W292×D76
close H33×W148×D76

フォールド 角

fold square[SOR-FOLDS]

そろばん初の折りたたみタイプは、コンパクトで携帯に便利。開閉はマグネットと手掛けで快適。シャープなデザインと蝶番部の革使いが高級感を演出します。

open H20×W292×D76
close H33×W148×D76

material 全種共通樹種

1 /【Good Design賞とは】

1957年に創設された日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまでの受賞件数は40,000件以上にのぼります。国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、シンバルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして、広く親しまれています。
※日本では8割の人が認知しているようです。

2 /【製作背景】

弊社は兵庫県にあり、播州そろばんの産地でもあります。創業当時は「算盤」を企画から販売まで行っており、その玉を使った「玉暖簾」、そして現在の家具へと移り変わってきました。しかし、時代が変わっていく中で地域の産業も衰退していき、「算盤」の生産も縮小していきました。そこで、弊社のルーツでもあり、地域の特産でもある「算盤」をもう一度、復活させようと形にしたものが「SOROBAN」です。

3 /【 SOROBANとは】

算盤塾は総合的な学習能力が向上するとされ、人気の高い習い事です。しかし、そこで使用されているのは、量産されたモノがほとんどです。「SOROBAN」は計算機としてのツール以上に木の素晴らしさを通して、香りや音、感触など記憶に残る体験を提案しています。また、日本の技術が集まったその美しいフォルムは、オブジェとしても確立され、国内外の地域に留まらず未来へと日本の文化・技術を伝えていくことが出来ます。

4 /【職人のこだわり】

「SOROBAN」の要でもある珠は、一つ一つが職人の手によって作られています。その技術力の高さは、珠を弾くことで心地よさとなって返ってきます。Foldタイプのみに使用されている革は、柔らかな生後半年以内の子牛のものを採用しています。長年使い続けていくことで、その人の「クセ」が「シワ」となって表れてきます。そのシワ一つ一つが思い出となり、数年後には只のツールやオブジェではなく、かけがえのない宝物になります。また、黒色のケースには高価な白の箔押しによるロゴを採用。ケース内側にある朱色の枠は本体を引き立たせ、衝撃から守ってくれます。